傷や汚れなどのコンディション対策

最低限のクリーニングをしておく

ブランド品を直営店で購入すると箱などに入れられ、さらに袋などに入れられているときもあります。誰も触っていないので指紋などもついていなくてピッカピカの状態と言えるでしょう。一旦袋から出して使えばそれ以降は中古品になり使い方によっては傷もつきますし汚れもつきます。使わなくても箱などに入れていなければ、埃が溜まってそれがこびりついてしまうときもあります。汚れのあるブランド品を買取に出すときに少しでも高額査定を実現したいなら、最低限のクリーニングをしておきましょう。ブランド品には革製品がありますが、専用のクリーニングクリームがあるならそれらを使って汚れを落としておきましょう。水を使うと金属部分がさびる可能性があるので、注意しなければいけません。

必要以上の修繕を施さない

洋服などの買取で買取不可になるときとして破れがあります。ではブランド品のバッグなどで傷や破れた状態があるとどうなるかですが、状態によっては買取してもらえるかもしれません。買取業者の中には専門の修繕部隊を持つところがあり、傷を目立たなくして破れもきれいに隠してしまうようです。傷がない状態よりも査定は低くなりますが、元の価値が高いのであればそれなりの査定をしてもらえるでしょう。このときにしてはいけないのは素人による不必要な修繕作業でしょう。傷があるところに同じ色の絵の具をつけたり破れたところを自分で塗ったりする人がいますが、これらは商品価値を逆に下げる行為になります。ちょっとした傷なら何もせず、そのまま出した方が高額査定してもらえるでしょう。