本体とは別の付属品の有無

取り外した付属品をつける

ブランド品としてショルダーバッグなどがあります。通常は肩から掛けられるよう専用のベルトなどがついていますが、使い方によってはベルトを外した状態にするときもあります。セカンドバッグのように常に手に持って使う人だとベルトを一切使わないかもしれません。ブランド品を買取してもらうときに、より査定をアップさせたいなら取り外した部品や交換可能な付属品なども一緒に持ち込んだ方がいいでしょう。時計であればベルトが何種類か用意されていたり、サイズ調整のために不用分を外したりします。実際にそれらを使わなかったとしても本体を査定してもらうときには、すべて一緒に査定してもらうと良いでしょう。ブランド品を買ったりもらったときは、将来買取してもらうときのために付属品をまとめておくと持ち込むとき探しやすいです。

箱や保証書の他ブランドの袋も用意

ブランド品を購入するときは値引きなどを受けられないものの正規店で購入した方がいいかも知れません。正規店であれば保証書をつけてもらえますし、そのブランドの包み紙で包装してくれたり袋に入れてくれたりします。保証書や箱、袋などは実際に使う分には必要ないので買ってすぐ捨てる人もいるようですが、将来的に買取してもらうのであればそれらは残しておく必要があります。特にブランド品の証明である保証書は絶対に捨ててはいけません。箱や袋に関しては保管していない人も多く、査定の基準においてはこれらを想定していないときもあります。その上で箱や袋もつけて持ち込むと基準以上の査定が受けられ、通常より高額の査定をしてもらえる可能性が出て来るでしょう。

自宅に不要なロレックスの時計がある場合、ロレックス買取店を利用する人は少なくありません。その際、高く売るためには事前に時計の掃除をしてきれいにしておくことが大事です。